湯澤正通 Masamichi Yuzawa

湯澤美紀のページへ

現在の担当授業科目

学部授業科目:
児童・青年期発達論,教育心理学,心理学課題演習,教育心理学課題研究T・U,卒業論文
大学院授業科目:
教育心理学演習T(M),教育心理学特別研究(M),心理学講究(D),教育心理学特講

最近の論文指導テーマ

博士論文主指導テーマ
「幼児期にから児童期における性格特性概念の発達」(2004)
「The self-regulatory role of metacognition in mediating social influences on learning: An integrative model」(2002)
修士論文主指導テーマ
「日本語を母語とする幼児における英語音韻の認識に関する研究」(2007)
「中国語と日本語の母語が幼児による外国語の音韻学習に及ぼす影響」(2007)
「幼児期における液体量概念の発達―配分課題,判断課題における方略の検討―」(2007)
「幼児の自己知覚が友人選択に及ぼす影響―時系列・年齢・仲の良さの観点から―」(2006)
「数学の自己問題作成による中学生のメタ認知能力の育成」(2006)
「対人葛藤場面における幼児の社会的目的と問題解決方略」(2005)
卒業論文指導テーマ
「教師に対する生徒の信頼感に関する研究―大学生の回想に基づいた分析―」(2009)
「大学生の社会的スキルと親の養育態度の関係−一人っ子と非一人っ子の比較−」(2008)
「数学のメタ認知が高校生の進路選択に及ぼす影響」(2008)
「幼児期のプロジェクト学習に関する実践的研究:描画の役割の考察」(2007)
「刺激の性質と量の認識が幼児の均等配分に与える影響」(2006)
「評価方法の違いが生徒の学習意欲に及ぼす影響−評価に関する中学生の意識調査−」(2005)
「高校生における進路決定自己効力と時間的展望との関連」(2005)
「英語の音韻に関する経験が幼児の非単語反復成績に及ぼす効果」(2005)