湯澤正通 Masamichi Yuzawa

湯澤美紀のページへ

お薦め既刊
ワーキングメモリと英語入門: 多感覚を用いたシンセティック・フォニックスの提案 ワーキングメモリと英語入門: 多感覚を用いたシンセティック・フォニックスの提案
湯澤美紀 ・湯澤正通・山下桂世子 (編著) 北大路書房.2017年 
なぜ私たちは英語が聞き取りにくいのか? 英語の早期教育はどうあるべきか? 脳のメモ帳=ワーキングメモリの観点から,「日本語耳」の特徴を活かした英語学習のあり方を提案する。音声,文字,動作,絵を用いて子どもの感覚をマルチに刺激,主体的な学びへと導く,ユニバーサルデザインとしての英語指導法を具体的に紹介

ワーキングメモリを生かす効果的な学習支援: 学習困難な子どもの指導方法がわかる! (学研のヒューマンケアブックス) ワーキングメモリを生かす効果的な学習支援: 学習困難な子どもの指導方法がわかる! (学研のヒューマンケアブックス)
湯澤正通・湯澤美紀 著 学研プラス.2017年 
ワーキングメモリは、目的に合わせて必要な情報を常に更新し覚えておく脳の働きのこと。ワーキングメモリのタイプを知って、その子にぴったりな学習方法を見つける。

ワーキングメモリと特別な支援: 一人ひとりの学習のニーズに応える ワーキングメモリと特別な支援: 一人ひとりの学習のニーズに応える
湯澤 美紀 ・河村 暁・湯澤 正通 (編著) 北大路書房.2013年 
現場実践をふまえ,ワーキングメモリの知見を個別指導・学級経営に活かす視点からまとめる。「読み・書き・計算」に困難のある子どもへの特別な支援に関し,その詳細および授業場面での実践について整理。

Working Memory: Developmental Differences Working Memory: Developmental Differences, Component Processes and Improvement Mechanisms (Neuroscience Research Progress)
In H. St. Clair-Thompson (Ed.), Working memory: Developmental differences, component processes, and improvement mechanisms. New York: NOVA publishers. 2013年9月1日.
Yuzawa, Masamichi, & Yuzawa, Miki. Difficulty of children with normal but relatively poor working memory at Japanese and mathematics classes. Pp. 17-30.

日本語母語幼児による英語音声の知覚・発声と学習: 日本語母語話者は英語音声の知覚・発声がなぜ難しく,どう学習すべきか 日本語母語幼児による英語音声の知覚・発声と学習: 日本語母語話者は英語音声の知覚・発声がなぜ難しく,どう学習すべきか
湯澤正通・湯澤 美紀 風間書房. 2013年
第1章 日本語母語幼児における英語の音韻処理/第2章 日本語母語幼児と中国語母語幼児における英語音韻認識と1音節英単語の反復/第3章 日本語母語幼児と中国語母語幼児における英語構成音素の知覚・発声/第4章 日本語母語幼児と中国語母語幼児における英語非単語の反復/第5章 日本語母語幼児を対象とした英語の多感覚音韻認識プログラムの効果/第6章 日本語母語話者の英語音韻学習への示唆と課題

ワーキングメモリと教育 ワーキングメモリと教育
湯澤正通・湯澤美紀 (編著) . 北大路書房. 2014年
内容紹介:ワーキングメモリ(WM)の研究成果を,教育の領域に活かすため体系的に解説。WMの理論的変遷や,実行機能との関連,脳内メカニズム,アセスメントを詳述。その上で,学習や発達障害との関連,特に国語と算数で WMが学習のいかなる側面に関与しているのか明らかにし,一人ひとりのニーズに応えた教育・支援の在り方を考察。

教師教育講座第3巻 子どもの発達と教育 教師教育講座第3巻 子どもの発達と教育
湯澤正通 (編) 協同出版. 2014年

Contemporary Perspectives on Mathematics in Early Childhood Education 数量概念(Contemporary Perspectives on Mathematics in Early Childhood Education)
Bart, W. M., Yuzawa, Masamichi, & Yuzawa, Miki. Development of mathematical reasoning among young children: How do children understand area and length? In O. N. Saracho, & B. Spodek (Eds.), Contemporary perspectives on mathematics in early childhood education. Charlotte, NC: Information Age Publishing Inc. 2008年

著書・訳書一覧

  • 湯澤美紀 ・湯澤正通・山下桂世子 (編著)『ワーキングメモリと英語入門: 多感覚を用いたシンセティック・フォニックスの提案』 北大路書房 2017年
  • 湯澤正通・湯澤美紀『ワーキングメモリを生かす効果的な学習支援: 学習困難な子どもの指導方法がわかる! (学研のヒューマンケアブックス) 』 学研プラス 2017年
  • 太田 信夫・佐久間 康之(編)『英語教育学と認知心理学のクロスポイント: 小学校から大学までの英語学習を考える』 北大路書房 2016年
    湯澤正通・湯澤美紀(共著)「言語的短期記憶と英語の音韻学習」他 担当
     
  • T.P.アロウェイ・R.G.アロウェイ(湯澤正通・湯澤美紀 監訳) 『ワーキングメモリと日常: 人生を切り拓く新しい知性 (認知心理学のフロンティア)』 北大路書房 2015年
  • 湯澤正通・湯澤美紀(編著)『ワーキングメモリと教育』 北大路書房.2014年
  • 湯澤正通(編)『教師教育講座第3巻 子どもの発達と教育』 協同出版. 2014年
  • 湯澤正通・湯澤 美紀 『日本語母語幼児による英語音声の知覚・発声と学習: 日本語母語話者は英語音声の知覚・発声がなぜ難しく,どう学習すべきか』 風間書房.2013年
  • 湯澤 美紀 ・河村 暁・湯澤 正通 (編著)『ワーキングメモリと特別な支援: 一人ひとりの学習のニーズに応える』 北大路書房.2013年
  • In H. St. Clair-Thompson (Ed.), Working memory: Developmental differences, component processes, and improvement mechanisms. New York: NOVA publishers. 2013年9月1日.
    Yuzawa, Masamichi, & Yuzawa, Miki Difficulty of children with normal but relatively poor working memory at Japanese and mathematics classes. Pp. 17-30.
  • 湯澤正通「幼児の数量概念の発達とプロジェクト学習」湯澤正通・杉村伸一郎・前田健一(編著)『心理学研究の新世紀3』 教育・発達心理学 ミネルヴァ出版 Pp. 335-358. 2012年
  • 2. 湯澤正通 「児童の認知」 高橋惠子・湯川良三・安藤寿康・秋山弘子(編)『発達科学入門(2)胎児期〜児童期』 東京大学出版会 Pp. 225-238. 2012年
  • トレーシー・P. アロウェイ (著), 湯澤 美紀・湯澤 正通 (翻訳) 『 ワーキングメモリと発達障害―教師のための実践ガイド2』 北大路書房. 2011年
    第1章 脳のメモ帳/第2章 ワーキングメモリのアセスメント/第3章 読字障害/第4章 算数障害/第5章 統合運動障害/第6章 注意欠陥多動性障害/第7章 自閉症スペクトラム/8章 支援とトレーニング 訳者補記
  • 湯澤正通「科学的概念の発達と教育」市川伸一(編)『現代の認知心理学〈5〉発達と学習』北大路書房 2010年
  • 湯澤正通「自己質問作成による活用力の向上」 吉田甫,エリック・ディコルテ(編)『子どもの論理を活かす授業づくり:デザイン実験の教育実践心理学』北大路書房 2009年
  • スーザン・E. ギャザコール (著), トレーシー・P. アロウェイ (著), Susan E. Gathercole (原著), Tracy Packiam Alloway (原著), 湯澤 正通 (翻訳), 湯澤 美紀 (翻訳) . 北大路書房. 2009年
    第1章 ワーキングメモリとは?/第2章 子どものワーキングメモリ/第3章 ワーキングメモリと学習/第4章 ワーキングメモリの小さい子どもたち/第5章 ワーキングメモリが小さい子どものための授業での支援/第6章 介入を実践する 2009年
  • 湯澤正通  三宮真智子(編)『メタ認知:学習力を支える高次認知機構』(共著) 北大路書房 第8章「科学的思考と科学理論の形成におけるメタ認知」担当 Pp. 131-149. 2008年
  • Bart, W. M., Yuzawa, Masamichi, & Yuzawa, Miki. Development of mathematical reasoning among young children: How do children understand area and length? In O. N. Saracho, & B. Spodek (Eds.), Contemporary perspectives on mathematics in early childhood education.  Charlotte, NC: Information Age Publishing Inc. Pp. 157-186. 2008年
  • 森敏昭・中條和光(編)『認知心理学キーワード』(共著) 有斐閣 3-8, 6-11, 7-3, 7-4, 7-8, 7-10, 7-11, 7-12, 7-15担当. 2005年
  • 中島義明・繁桝算男・箱田祐司(編)『新・心理学の基礎知識』(共著) 有斐閣 第6章6-7, 6-8, 6-9担当 Pp. 186-189. 2005年
  • 湯澤正通 概念と概念形成.『児童心理学の進歩(2003年度版)』(共著) 金子書房 Vol. 42, Pp. 34-58. 2003年
  • Yuzawa, Masamichi, Bart, W. M., & Yuzawa, Miki. Development of the ability to judge relative areas: Young children’s spontaneous use of superimposition as a cognitive tool. In S. P. Shohov (Ed.), Advances in Psychology Research, Vol. 12, Pp. 46-66. New York: NOVA Science Publishers, Inc. 2002年
  • 大村彰道(監修)・秋田喜代美・久野雅樹(編)『文章理解の心理学 認知,発達,教育の広がりの中で』(共著) 北大路書房 第12章「科学理論を読みとる,理論を学ぶ」担当 Pp. 176-189. 2001年
  • 森敏昭(編著)『21世紀を拓く教育の方法・技術』(共著) 共同出版 第9章「理科教育の方法・技術」担当 Pp. 155-172. 2001年
  • 平井誠也(編著)『思いやりとホスピタリティの心理学』(共著) 北大路書房 第2章「認知と言語」第1節「他者の認知とコミュニケーション」担当 Pp. 18-23.2000年
  • 保坂亨・中澤潤・大野木裕明(編著)『心理学マニュアル面接法』(共著) 北大路書房 第11章「調査的面接法の実習:思考過程・問題解決」担当 Pp. 124-133.2000年
  • 深田博己(編)『コミュニケーション心理学』(共著) 北大路書房 第4章「コミュニケーションの発達心理学」担当 Pp. 68-82.1999年
  • 岡田猛・田村均・戸田山和久・三輪和久(編)『科学を考える:人工知能からカルチュラル・スタディーズまでの14の視点』(共著) 北大路書房 第5章「子どもによる科学が本当の科学になるために」担当 Pp. 120-144.1999年
  • 湯澤正通(編)『認知心理学から理科学習への提言』(共著) 北大路書房 1・1「学校の授業は子どもの生きる力を育てているか?」Pp.2-22. 2・1「状況依存性からの脱皮:学校知としての理科を越えて」Pp.42-62. 4・4「結論:地域・文化に開かれた理科学習をめざして」Pp.224-234. 担当 1998年
  • 湯沢正通 『階層的カテゴリーの機能とその発達−子どもの理論形成,カテゴリー化,帰納推理』(単著) 北大路書房 1997年
  • 山崎晃・浜崎隆司(編)『はじめて学ぶ こころの世界』(共著) 北大路書房 第7章「わかることと考えること」担当 Pp. 142-169.1995年
  • 内田伸子・南博文(編)『講座生涯発達心理学−3 子ども時代を生きる 幼児から児童へ』(共著) 金子書房 第3章「日常的知識から科学的知識へ」担当 Pp. 61-94.1995年
  • 新しい教育心理学者の会(編)『心理学者教科教育を語る』(共著) 北大路書房 第3部2「理科が好きになる−理解を重視した理科教育」担当 Pp. 110-121.1995年
  • 祐宗省三(編)『子どもの発達を知る心理学』(共著) 北大路書房 3章1節「幼児の概念獲得」担当 Pp. 30-36.1994年
  • 多鹿秀継(編)『認知と思考:思考心理学の最前線』(共著) サイエンス社 5章「帰納的推理」担当  Pp. 78〜99.1994年
  • 若き認知心理学者の会(編)『認知心理学者教育を語る』(共著) 北大路書房 第3部1「知の有用性と学ぶことの意義−真の理解力を育てる−」担当 Pp. 96-105.1993年
  • 訳書
    山崎晃・中澤潤(監訳)『子どもと仲間の心理学』(共訳) 北大路書房 10章「仲間関係の乏しさが障害の形成に果たす役割」担当 Pp. 264-294.1996年