湯澤正通 Masamichi Yuzawa

湯澤美紀のページへ

 自己質問作成は,生徒の興味・関心に基づいて,自らの生活や,教材の中に,授業で学習した知識や技能に関する新たな問いを見いだし,その問いに自ら答えるというものです。国際的な学習比較調査などで,日本の子どもの考える力が弱いことが明らかになっています。そのことの一つの要因として,学校で知識や技能そのものは教えられるが,それをいつ,どこで,どのように活用したらよいかが教えられないことが挙げられます。自己質問作成は,各教科の日々の授業での学習した知識や技能を,いつ,どこで,どのように活用すべきかを生徒自身が見いだし,それをクラスに持ち寄り,その価値を話し合い,共有する取り組みです。
 自己質問には,タイプAからタイプCの3つを区別しています。タイプAは,授業で勉強したことで,分からなかったところや,十分理解できなかった点についての質問です。タイプBは,授業で勉強したことの中で,大切なところについての質問です。これらの質問は,基礎的な知識を身につけるために役立つ学習方略(メタ認知的知識)です。学習方略は,数学,国語,理科,社会など領域一般に活用することができます。一方,タイプCの自己質問は,学習したことを活用したものです。これは,授業の中で,生徒が学んだ知識を生かした探求を触発できたかどうかの指標なのです。

関連著書

  • 湯澤正通「自己質問作成による活用力の向上」 吉田甫,エリック・ディコルテ(編)『子どもの論理を活かす授業づくり:デザイン実験の教育実践心理学』 北大路書房 2009年
  • 湯澤正通  三宮真智子(編)『メタ認知:学習力を支える高次認知機構』(共著) 北大路書房 第8章「科学的思考と科学理論の形成におけるメタ認知」Pp. 131-149. 2008年

関連論文

  • 湯澤正通 学校での学びを実生活へ生かすための授業作り:子どものメタ認知の働きを支援し,探求を触発する 初等理科教育,2007, Vol. 41, No. 7, 14-17.
  • 湯澤正通 教育心理学の立場から先行学習を捉え直す:教師の創意・工夫が生きる先行学習 初等理科教育,2006, Vol. 40, No. 2, 68-69.
  • 湯澤正通 子どもの学力を伸ばす教育課程への視点 学校教育,平成16年度3月号,Pp. 12-17. 2005年3月
  • 湯澤正通 子どもがわかる理科授業への提案−科学概念の構成における数学の役割− 理科の教育,Vol. 52, No. 3. 12-15. 2003.