湯澤正通 Masamichi Yuzawa

湯澤美紀のページへ

    

 昨今のグローバリゼーションによる国際化や2011年以降から実施される小学校の外国語活動の必修化を受け,日本における英語の早期教育も過熱の一途をたどっています。しかしそれらの中には,幼少期の子どもの特性(例えば,音に対する敏感性の高さ,多感覚的な感受性の豊かさ,知的好奇心の強さ)や彼らの音韻意識の発達を考慮していないもの見受けられます。本来,外国語の習得は,子どもにとっては新たなサウンドと出会うところから始まるのです。そこで,英語体験プロジェクトでは,子どもたちと英語のサウンドとの出会いを驚きや喜びに満ちたものにし,様々な活動を通して子どもたちの英語に対する音韻意識をより確かなものにするための英語体験の活動をデザインし,実施・評価しました。
 長期的な研究プロジェクトを通して,いくつかの点が明らかになりました。一つ目は,5歳児でも英語の音声を認識する際に,既に習得している日本語から制約を受けるということです。具体的には,日本人の子どもの特徴として,英語の音声を分節的にとらえるため,より大きなまとまりとして認識するのが難しいといったことが明らかになりました。二つ目は,幼少児の特性を生かした活動を実施する中で,子どもたちは発声やジェスチャーを関連づけながら,英語の最少単位の音声を聞き分ける力を身につけ,次第に英語の音声をより大きなまとまりとして正確に認識することができるようになりました。これからは,より長期的な英語体験の活動をデザインしていきたいと思っています。

関連著書

  • 教育と医学 慶應義塾大学出版会. 2011年 特集1 「外国語活動」と早期教育
    湯澤美紀(著)日本人幼児の母語習得と英語習得の相互的な影響

関連論文

  • 湯澤正通・湯澤美紀・関口道彦・李思嫻・齊藤 智 英語の多感覚音韻認識プログラムが日本人幼児の英語音韻習得に及ぼす効果 教育心理学研究, 58, 491-502. 2010年12月
  • 李 思嫻・湯澤 正通・関口 道彦 日本語母語幼児と中国語母語幼児における英語音韻処理の違い  発達心理学研究 2009 年9月 
  • 湯澤美紀・湯澤正通・関口道彦 日本人幼児の英語音韻習得のプロセスに関する研究:音韻的作動記憶,音韻認識,日本語語彙量からの検討 発達研究 23,189-199, 2009年7月
  • 湯澤美紀・湯澤正通 平成20年度サウンド技術振興財団研究助成 研究報告書 「幼少期における音韻意識に焦点化した英語の学びプログラムの開発に関する研究」 2009年5月提出
  • 湯澤美紀 日本人幼児における英語の音韻認識の形成に関する発達的変化(中間報告) 発達研究 22,173-179 2008年7月
  • 湯澤正通・関口道彦・李思嫻 日本人幼児における音韻認識:日本人幼児にふさわしい英語教育について考える 広島大学大学院教育学研究科紀要 第三部(教育人間科学関連領域)第56号,153-160. 2007年12月