湯澤正通 Masamichi Yuzawa

湯澤美紀のページへ

「人の話を最後まで聞けない,次にすべきことをすぐに忘れてしまう,落ち着きがない」
 こういった子どもたちは,クラスの中にいませんか?あるいは自分の子どもの行動特徴にあてはまりませんか?実は,そうした行動の背景には,子どもたちのワーキングメモリの能力が深くかかわっていることが明らかになってきています。
 ワーキングメモリとは,非常に短い間に,音声情報や視空間的情報を記憶したり,操作したりする能力を指します。そして,特定の対象に注意を向けたり,いくつかの情報を統合したりするといった注意をコントロールする機能も担っています。
 近年,このワーキングメモリがうまく働かないために,学習上の困難を生じさせたり,落ち着きのない行動をとったりする子どもたちが多くいることが分かってきました。子ども達のワーキングメモリの特徴を詳細にし,ワーキングメモリの得意分野・不得意分野に応じた支援を適切に行うことにより,子どもたちの日々の生活・学習の質を向上させようとする試みが行われるようになってきました。
 イギリスで実践されているワーキングメモリに着目した支援の方法を,翻訳を通して日本に紹介しました。
 現在,小学校の教育現場で,子どもたちのワーキングメモリに着目した支援方法の開発・研究を進めています。

関連著書

  • スーザン・E. ギャザコール (著), トレーシー・P. アロウェイ (著), Susan E. Gathercole (原著), Tracy Packiam Alloway (原著), 湯澤 正通 (翻訳), 湯澤 美紀 (翻訳) . 北大路書房. 2009年
    第1章 ワーキングメモリとは?/第2章 子どものワーキングメモリ/第3章 ワーキングメモリと学習/第4章 ワーキングメモリの小さい子どもたち/第5章 ワーキングメモリが小さい子どものための授業での支援/第6章 介入を実践する 2009年
  • 湯澤美紀. 幼児の音韻的短期記憶に関する研究. 風間書房. 2010年
    第1章 音韻的短期記憶研究の概要と本研究の目的/第2章 音韻的短期記憶におけるリハーサルの有無−幼児はリハーサルを行うか−/第3章 単語の保持におけるプロソディの効果−プロソディは単語の保持を促進するか?−/第4章 非単語の保持におけるプロソディ効果と長期記憶の影響−非単語の保持を支える二つの側面−/第5章 非単語の保持と関連する諸要因/第6章 統括的考察 /附録1006非単語の単語らしさ・知覚容易性・発音容易性

関連論文

  • 湯澤正通・青山之典 他12名 ワーキングメモリの小さい子どもに対する学習支援―ワーキングメモリの相対的に小さい小学校1年生の授業態度の分析―, 広島大学 学部・附属学校共同研究機構研究紀要.(印刷中) 
  • 湯澤正通・前田健一 他6名 ワーキングメモリプロフィールに応じた特別支援データベースの開発, 広島大学大学院教育学研究科平成22年度共同研究プロジェクト報告書.(印刷中)
  • Yuzawa, M., Saito, S., Gathercole, S., Yuzawa, M., & Sekiguchi, M. The effects of prosodic features and wordlikeness on nonword repetition performance among young Japanese children. Japanese Psychological Research Japanese Psychological Research, 53, 53-63. 2011年3月
  • M,Yuzawa & Saito S. 2006 The Role of prosody and long-term phonological knowledge in Japanese children’s nonword repetition performance. Cognitive Development, 21, 146-157.2006年1月
  • 湯澤美紀 2002 幼児による音韻情報の短期的な保持に及ぼすピッチアクセントの効果. 心理学研究,73,258−263. 2002年6月
  • 湯澤美紀 幼児の視覚情報の音声化プロセス. 広島大学教育学部紀要第一部(心理学), 50, 455-459. 2002年3月
  • M,Yuzawa 2001 Effects of word length on young children’s memory performance. Memory & Cognition, 29, 557-564. 2001年7月
  • 湯澤美紀 幼児の単語記憶における語長効果:再認課題による検討 発達心理学研究,11,45-54. 2000年6月