湯澤正通 Masamichi Yuzawa

湯澤美紀のページへ


 理科学習についてのこれまでの研究の一貫したテーマは,「学校で学習した知識を日常生活でいかに役立てるか」です。そのために,一連の研究では,理科授業における実験や観察の位置づけを変えることに焦点をあててきました。一般に,理科授業において,実験や観察は,子どもたちが事物や現象についての規則性を見出す(帰納する)機会として位置づけられています。それに対して,私たちは,子どもたちが事物や現象についての規則性を活用する機会として,実験や観察を位置づけることを提案してきました。なぜなら,そのような実験や観察の中でこそ,子どもたちの「わかった」という実感を得やすい場合があるからです。子どもたちの考える力(活用力)を高めるためには,実験や観察の位置づけを変えることが必要です。

関連著書

  • 湯澤正通「科学的概念の発達と教育」市川伸一(編)『現代の認知心理学〈5〉発達と学習』北大路書房 2010年
  • 湯澤正通(編)『認知心理学から理科学習への提言』(共著) 北大路書房 1・1「学校の授業は子どもの生きる力を育てているか?」Pp.2-22. 2・1「状況依存性からの脱皮:学校知としての理科を越えて」Pp.42-62. 4・4「結論:地域・文化に開かれた理科学習をめざして」Pp.224-234. 担当 1998年

関連論文

  • 湯澤正通・松内隆泰 数学と理科を明示的に関連づけた授業が生徒の学習に及ぼす効果−中学生による力と運動の関係の理解 広島大学教育学部紀要 第三部(教育人間科学関連領域)第51号,195-203.  2003年3月.
  • 湯澤正通 子どもがわかる理科授業への提案−科学概念の構成における数学の役割− 理科の教育,Vol. 52, No. 3. 12-15. 2003年3月.
  • 湯澤正通・山本泰昌 (共著)理科と数学の関連づけ方の異なる授業が中学生の学習に及ぼす効果 教育心理学研究,第50巻第3号, 377-387. 2002年9月.